Fairy Nude Art について – 芸術ヌード写真のユニークなリソース

こんにちは、そしてヌードなアートギャラリーへようこそ!
Fairy Nude Art (フェアリー・ヌード・アートと読む) は、世界中で愛されている 「ヌードアート」 をテーマに、性的好奇心を刺激する記事や、美しいヌード写真集を無料でお届けするオンラインギャラリーサイトです。

ここでは最高のファインアートヌード(芸術写真)の完全補完と、いくつかのモデル情報・統計情報および話題の人物などのニュース発信を目的としており、世界中のヌードに関する全ての貴重な情報を見つけることができます。

Fairy Nude Artの背後にある考え方

『インターネットに高品質なヌード写真を普及し、ネット中で最も美しい女性の写真やフィルムをショーケースする。』と述べている、世界一位のファインアートヌードサイトにランクされているHegre-Art.comに準ずるコンセプトで作られています。地球上のあらゆる動植物や大自然の力強さと美しさ、人工的に創られた過去の遺産の存在。それらと、美の極限である女性のヌードを融合させ追求したいがため、野心的かつ洗練された世界各地のフリーカメラマンやプロモデル協力の下、高品質のコミュニティブログを構築します。

ヌードアート写真とは何ですか?

ヌードアート写真とは、被写体の裸体(の一部)を撮った芸術の一形態。全裸でない場合には、セミヌードと呼ばれることもある。 女性ポルノや単純でエロティックなだけの性行為とは対照的で、むしろ美しさや芸術としてのあり方や態度、姿勢を表現することを目指しているもの。しかし、しばしば暗黙的にエロと混同されることがあり、その境は明確にされない。
ヌード写真の描写は前近代的な時代の肖像画によく似ている。最も有名なアーティスト(写真家)は、ヌード女性の心を透視観察することによって理解を深め、より精密で正確、真実、魅力を惹き出すことが大事だと語る。

ヌードアートの歴史のとらえかた

ヌードボディをアートと捉えた描写は、私達の歴史の記憶よりも古い2万年前(古代世界)には壁画や人形に刻まれていたことが知られている。

古代ギリシャ美術では、頻繁に服なしで彼らの神と女神を描いており、写実ではなく理想を追い求める神に近き存在となるべく、写実の上に理想美を付加した「完全体」を創りあげている。その殆どは、男性像の力強さと美しさを兼ね備えた裸体像であり、精神世界の理想を追い求める表現方法として彫刻が多く用いられた。また、ローマ人は多くのヌードまたはセミヌード描写をイタリア:ポンペイの壁画に残している。 ヌードは日常生活の一部であったため、後の時代にあったような不快さはまったく無い。

カトリック世界である中世に於いては道徳性概念のない裸体は背徳であり、無意味な芸術・性描写を禁じた。しかし、14世紀には、聖職者による支配から人やアンティーク文化(ルネサンス)への復興が始まり、ヌード芸術は理解されていたし、実際に許可された。 例えば、創世記のアダムとイブのように、罪悪を知る前の「純真無垢」と言う意味や、着衣なしでの「剥き出しの心=真理」を表すようになり、沢山の聖書をモチーフにした絵が描かれた。有名なMichelangelo(ミケランジェロ)やLeonardo da Vinci(レオナルド·ダ·ヴィンチ)、Raffaello Santi(ラファエロ・サンティ)などの芸術作品がそれにあたる。

時代は変わり、近代では写真の発明と発展に伴い、アーティストは新しいヌードアートの形をほぼリアルタイムで描写表現することができるようになる。”黄金の20年代”と呼ばれるアメリカ1920年代。倫理感の強い社会では人前でヌードが公開されることも少なかったが、絵画に写るニンフ(妖精・魔女・精霊あるいは下級女神)に扮した形で半裸やヌード姿の女性たちがモデルをつとめ、文学的・芸術的観点として評価されていく。20世紀中期頃までに撮影されたモノクロヌード写真をヴィンテージ・ヌード(vintage nude)と呼び、マニアの間で珍重されるほか歴史的資料としても価値があるものとされている。やがて第二次世界大戦後、人々の新しい理解につながるヌードや人体そのものの美しい描写は人間の飾り気のない純粋さと自然を強調するセクシュアリティだとして、 20世紀後半​​にかけてヌードアートの中で最も人気のある形になっていく。
ヌード描写が挑発的な行動としてだけでなく、ヌードアートの独立した形として存在することができている今日に心から謝意を述べたい。

2012年10月3日