Zemani Archive

Vika
日が落ちる寸前のハーバーで、完璧なバストをブレイクアウトさせながらVika(ヴィカ)は思う。
ホイットニーヒューストンのようにしなやかで情熱的な人生を自らの手で掴み取る、そんな現実がやってくるのは時間の問題なのだ、と。 続きを読む »

Leni穢れのないブルーシルクのシーツからは、気品と理性のバイブレーションが背中をノックするけど、Leni(レニ)のハートは今、とても熱くなっている。 続きを読む »

Katya私をさらって欲しい。

このままどこか遠くへ。

恋はたくさんしてきたけれど
いつだってその終りには私には何一つ残されなかった。 続きを読む »