Anya’s Nude – 大自然編

Anya(アーニャ)はいつも自然のままの美しさを魅せてくれる。ありのままの自分を愛し慈しみ、地球上のあらゆる大自然に受け入れられた特別な存在。そう、彼女はまるで一輪の花を求め野原を舞う蝶のよう。あるいは海面にそそり立つ岩の上で一休みしている人魚か。

まだ少女らしい表情がみえる2006年。盲腸の手術痕も無く、全体的にほどよく脂肪がついている素晴らしいスタイル。胸は決して大きすぎず美乳で、実に日本人好み。ヒップもクッと上向いておりVagina(膣)の位置もそれに倣(ともな)いやや下付きだ。

2010年ともなるとAnyaにエキゾチックさが増し、妖艶かつ気品漂う雰囲気が写真から伝わるようになる。
近年(2010年頃)噂される私生活でのトラブル(?)で多少やつれたようにも見えるが、瞳の輝きとAnyaから放たれる独特の美少女オーラは一向に弱まることがない。

Anya のヌードギャラリー(大自然編)

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

Anya by Photographer: Jan Svend